ひんやり感

ブログです。

作文

K公園に関するショート・フィルム

冬の夜のK公園はひどく寒かったことを憶えている。星空は澄んでいたし、草花は露に濡れていた。僕達は公園の入り口から五分かもう少し歩いたところにある、広い原っぱの真ん中に居た。そこには小さな円形の広場があって、幾つかのベンチが並んでいるのだ。僕…

星に関する報告

真夜中の教室はしんとしている。僕は窓際の席に腰掛ける。教室は暗いが、窓辺は月光に明るんでいる。僕は窓の外を見る。夜空は澄みきっている。星はビー玉のようにふくらんでいて、飴玉のように見える。僕は窓をあけて、そのうちの一つを手にとる。星は冷た…

五月のある日

五月のある日、僕は友達と一緒に学校をさぼっていた。何かくだらないことを話していて、時間はゆっくり流れた。学校から少し歩いたところにある公園に居た記憶があるから、天気は曇りか晴れで、しずかな昼だった。やがて友達は学校に戻り、僕は家に帰った。…