読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひんやり感

ブログです。

日記

嫌な人というのが居るもので、彼や彼女は頭のてっぺんから足の先まで何の役にも立ちやしない、というか有害な存在である。しかし連絡先を消すと、万が一電話がかかってきた時にそれと気付かず出てしまう恐れがあるし、かと言って着信拒否をするのも俺のような臆病者にはいまいち気が引ける。そこで俺は、アドレス帳に登録してある彼や彼女の名前をアルファベット一文字に変更することにした。こうする事によって俺は相手が一個の人間であることを忘れ、心置きなく連絡を無視することが出来るようになった。それで最近は気ままに暮らしているのだ。

今日は昼に激辛料理を食べて、完全に腹を壊した。トイレットペーパーに火がついてしまうんじゃないかと思ったが杞憂に終わった。今はケツからホットミルクを飲みたい気分だ。

飲食店でメニューを開いて辛そうな料理を見つけると、何故か反射的に注文してしまう。スピーカーと鼓膜をくたばらせる類の音楽の愛好家と同じようなものだ。辛いものを食べると大抵それなりに後悔するのだけど、数日すれば同じ過ちを繰り返す準備が万全に整っている。痛みを忘れてしまうのだ。愚かなものだ。辛党の人間というのは己の過ちを正す能力が低いものなのかもしれない。