読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひんやり感

ブログです。

10/17 迷子になり、文房具屋を発見

適当な帰り道で帰宅していたら少し迷子になった。
俺はiPhoneを解約していて、今日はポケットワイファイ的な機器をうちに忘れてしまっていた。だからほんとに少し迷子なのだった。

開き直って散歩していると、文房具屋を見つけた。俺は無駄に文房具屋に立ち寄るタイプの人間なので寄った。(多分)個人経営で、そこそこ広い。ペンやノートの他には、ビニールテープとか、「利率」みたいなボタンのついてる電卓とかを売ってる。店の奥には「事務用品」「図書館用品」等ゴツめの棚がどっしり構えていた。だけどなんと言うか、ファンシーグッズコーナーとでも呼ぶべき棚があって、そこにはカード麻雀とか、小指の先くらいのサイコロ30円とか、なんとなく十年前のおもちゃ的な品々が並んでいるのだった。ところで、小指の先とサイコロと言うと、なんとなくヤクザっぽい気がするな。

俺は用もなく店内をうろついていたので、「何かお探しですか?」と店のおばさんに言われた。俺は「いや、迷子になっちゃって…ついでに寄り道してます」と言って愛想笑いをした。おばさんは、風が吹いたけど気がつかなかった人みたいな表情を浮かべた。俺はボールペン7本と、かわいい薄っぺらいノートを買って帰った。

f:id:oishi_u:20161018011914j:image

店を出て適当に歩いてたら、知ってる道に戻っていたのだった。
なんかさ、知ってる道に戻ってしまうと、俺はいつも、ちょっとがっかりしてしまう。なんだ、ここか…ってなる。
もっと全然知らない街を散歩したいな。どこにでもあるような、でも住んだ事とか全然ない街を散歩したい。そしてそれは一人で心細くがいいと思う。 
それじゃおやすみなさい。