読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひんやり感

ブログです。

11/3 犬に吠えられる

今日はバイトだ。基本的に木曜はお休みを頂いているのだけど、今日は祝日、なおかつ甚だしく人員不足なので出勤する事になっていた。大体いつも朝の9時から働いていて、今日も9時に間に合うように8時5分かそこらには家を出た。そして愚かしくもバイト先の最寄駅についてからシフト表を確認したところ、今日は11時からだったのだ。

テーブルにこぼした睡眠時間をコップに戻すことは出来ない。仕方ないから、今日は無駄に早く出勤しよう…なんて思うことはまるで無く、隣駅のコンビニまで歩く事にして、ぷらぷら散歩していると、向こうから大型犬がやって来た。

野犬ではない。野犬だったら怖すぎる。普通にリードに繋がれて、おじいさんと散歩していた。でも、大型犬ってちょっと怖いのだ。往来の向こうからヤンキーがやって来た時のあの感じ。俺は目を7時の方角へ逸らし、俯いて歩いた。今になって思えば、内心、(俺はどんな後ろめたいこともしていないし……)という慢心もあったかも知れない。すれ違いざま、その犬は突然俺に向かって吠えた。「ブワッ!」こんな感じの吠え方だ。俺は「うわっ」って言ってしまった。怖くて。胸がドキドキした。目を上げると、全然気づかなかったが、背後からも大型犬がやって来ていて(野犬ではないのだけど)、大型犬はその大型犬に吠えたのだった。大型犬のいがみ合いの、板挟みになった形だ。

もう一度書くけど、大型犬ってちょっと怖いのだ。それは確かにちょっとだ。だけど、1+1は2だ。2倍だ。ロックバンドのドラムは大抵うるさいが、そのドラムが2台になったら?そういう事なのだ。

みんなも、大型犬には気を付けよう。(適当な締めくくり)