読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひんやり感

ブログです。

11/15 帰り道報告

日記
青信号の横断歩道を渡っていたのに、減速もせず曲がってきた白いボックスカーに轢かれそうになった。

車は一時停止して、運転席の窓が開いた。窓から顔を出したのはにきび面の若い男だった。男は俺に向かって「ごめんねー!大丈夫だった?」と訊いてきた。

などという事は特に無く、ただ単に颯爽と去って行ってしまった。車の背面はLEDを装着する系の駄改造を施され、クリスマスみたいなうるさい光を放っていた。あんなだっさいだっさい車に、謝罪の一言など積んであるはずが無かった。あの車がものすごく固い壁に突っ込んでぶっ壊れてしまえば良いと思う。

あの車を運転している奴は多分、駅の改札前で歩き煙草をしてるのと同じ奴に違いない、という妄想をしながら歩いていると、ドラッグストアや牛丼屋の白けた街明かりから少し遠ざかってきた。

通りに面している東横インの入り口の方から、怒鳴り声が聞こえる。何かと思ってイヤホンを外して向こうを見てみると、植え込みの鉢になっているコンクリートに腰掛けた老人が、電話越しの相手に何か文句を言い続けているのだった。