大石悠風也の日報

ブログです。

7.10 今日きいてた音楽

遠いところに出かけているような気分になる音楽を聴いている。こんな時はどこにも帰りたくない。

自分の好きなものを作るためには、見知らぬものに出会う感覚の得られるものを目指したい。自分の発明と思える要素があるもの。それがないと、思い入れを持つことは難しいだろうから。少しも自分に似ていないし、自分を親とも思わない子供のような。

ここで改行するにあたって、時は流れ、12時間のアルバイトを終えて家に帰り着いた。今は部屋で卓上のスタンドの明かりだけ点けて、ベッドでごろ寝しながらゆるやかなアフロファンク、アフロビート?そんなようなものを聴いている。疲労で起動するアンテナでも備わっているのか、音楽をかけはじめたら、部屋の空気が変質していくのがありありと分かった。それは喜ばしい体験だった。

音楽を聴くという行為には、今ここがどのような場所なのか、自分で好きに決める、というエネルギーが備わっているんじゃないだろうか?どうだろう、まあどうでもいいけど。寝ようっと。

今日聴いていた音楽
ocho https://youtu.be/xs9Queh90lM
shango dance band https://youtu.be/ZS4908jTHNE