ブログみたいなやつ

ブログです。

ヒマな暮らしがすきだけど

今月からなんとなく、週5で契約社員として働き始めた。マジメにやっていると正社員にもなれるらしい。職場が東京タワーの近くなので、高尾から出勤するとなると朝の五時半には起きないとまずい。それで強制的に早起きになった。あしたも五時半には、できれば五時に起きて朝食をとろうと思う。

 

職場にはフィリピン人が多い。みんな陽気で働き者だ。今日はフィリピン人のおばちゃん達が、誕生日の人がいるというのでささやかなパーティーのようなことをしていた。資材置き場になっている一室にピザやスパゲッティ、コーラの2リットルボトルなどが並んでいて、おれも分けてもらった。アットホームな職場だなと思った。

 

自由時間は否応なしに減ってしまった。この先そのことに耐えられなかったら、おれはすぐに仕事を辞めてしまうだろう。ギターを弾く時間が減ってしまったので、もっと楽しく弾くようにしようと思った。音楽は義務ではなく、少ししか時間がなくてもどうしても聴いたり弾いてみたりしたいものなのだと改めて感じた。

 

何も生まれなくても、自分の心がすこし満たされる音が出てきたならそれで充分なんじゃないかと思った。曲を作るということは遊ぶということや、自己対話であったらいい。需要がないならそれは仕事ではない。音楽に触れていたいという気持ちは、心の中を無目的にうろつく野生の動物のようなものだった。

 

8時ごろ家に帰り着いて、カモミールを飲んだ。それだけで結構、落ち着いた時間を過ごせるものだ。小さなことを重ねて、ささやかな達成感のなかで暮らしたい。部屋が片付いたとか、猫がごろごろしておなかを見せてたとか、干しきのこを作ってそれでダシをとったらおいしかったとか。